刑事裁判(公判)とはどのような流れになるのでしょうか。

検察官の起訴をし,裁判所が受理し,必要な場合には公判前整理手続を経て,裁判長によって第1回公判期日が指定されます。第1回公判期日は,通常ですと,起訴から概ね1か月後頃に指定されます。
公判の流れは以下のようになります。
①冒頭手続
・人定質問
裁判長から,被告人に対し,氏名・生年月日・本籍・住所・職業を尋ねられます。法廷に出頭した者が,起訴状記載の被告人であるかを確認するための手続です。
・起訴状朗読
検察官から,起訴状が読み上げられます。
・黙秘権告知
裁判長から,被告人に対し,被告人が公判中終始沈黙しまた個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨,陳述をすることもできる旨,陳述をすれば自己に不利益な証拠ともなりまた利益な証拠ともなるべき旨が告げられます。
・罪状認否
裁判官から,被告人・弁護人に対し,事件についての意見陳述を求められます。「起訴状に書いてあるとおりです」といった意見や,「私はやってはいません」といった,起訴状記載の事実に関する見解を答えることになります。
②証拠調べ手続
・冒頭陳述
次に証拠調手続に移行します。証拠調手続では,まず検察官から,証拠によって証明しようとする事実が述べられます。起訴状に書いてある事実よりも詳細な事実が述べられ,事件の全体像が明らかになります。
・証拠調べの範囲・順序・方法の決定
検察官及び被告人・弁護人の意見を聞いた上で裁判所が決定します。原則として,検察官立証が先に行われます。
・証拠調請求
裁判所に対し,証拠調べを請求します。検察官が先に証拠調請求をします。
・証拠決定
裁判所は,証拠請求当事者の相手方(検察官立証なら被告人・弁護人)の意見を聴いた後に,証拠について採用するか却下するかを判断します。
・証拠調べ
採用された証拠について,取調べがなされます。書証であれば請求者により朗読や要旨の告知がなされ,物証であれば展示がなされます。人証であれば,証人について尋問がなされます。
③被告人質問
被告人は,黙秘権等を踏まえた上で,任意に供述することができます。まず弁護人から被告人に質問し,その後検察官から質問がなされ,最後に裁判官から補充質問がなされます。事件に関する事実関係や,被害弁償・謝罪についての考え,裁判後の生活などについて質問されます。
④弁論手続
検察官から事件に対する意見,被告人に対してどのような刑を科すべきであるかについての意見が陳述されます(論告・求刑)。続いて弁護人が事件に対する意見陳述(弁論)を行います。最後に被告人自身も陳述を行う機会があり,その後審理終了(決審)となります。自白事件の場合,1期日で結審することが多いといえます。
⑤判決宣告
裁判長から,判決の宣告がなされます。争点の多いような複雑な事件でなければ,結審から,1,2週間程後に判決宣告のための判決期日の指定がなされます。否認事件等では1か月以上後に判決宣告期日が指定されることもあります。判決に不服がある場合には,判決期日の翌日から14日以内に,控訴の申立てをすることになります。控訴をしない場合,この14日が経過することで,判決が確定します。

アクセス

本厚木駅北口徒歩2分

神奈川県厚木市中町2-6-24
ほていや第二ビル4階 (地図はこちら

交通

  • 小田急小田原線本厚木駅北口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

厚木を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート